2011年08月20日

アトピー性皮膚炎の歴史

↓現在、子供たちを襲うアトピー性皮膚炎↓

アトピー性皮膚炎のアドバイス情報サイト!アトピちゃんママの知恵袋


アトピー性皮膚炎とは、ギリシャ語「アトピア」「奇妙な病気」と言う意味で、この言葉が語源となっています。

特殊な体質の人だけに発症するアレルギー性皮膚炎「アトピー」と名づけられる。

ハウスダスト、カビ、など、に過剰反応するアレルギーとして「アトピー」という皮膚病が生まれたのです。

アトピー性皮膚炎は1960年まで、当時の日本ではあまり見られませんでした。

その後小児を中心に少しずつ増加し、近年では成人にも発症する人が増加し、現代病(小学校のクラスに半分という⇒アトピー性皮膚炎の原因)として社会的にも問題になっていきます。

初期(1950年)にステロイドによる治療を行い、うまくアトピーをコントロールが可能でした。

当初は、食物アレルギーが原因であるという事で、卵、牛乳、大豆を除去した治療法も行われるようになりましたが、治らない例が出現してきて、米、小麦も除去する治療法がでてきました。

しかし、これらの治療法では、栄養状態が悪化する、成長障害を引き起こす例も現われ、問題視されるようになったのです。

その後皮膚科医からはアトピーは食物アレルギーの関与はあまり関係なく、家ダニが原因との考えが注目されるようになりました。

1970年代までは主に小児のアトピー(小学校のクラスに一人いるかいないか)が多く、成長と共に症状も軽くなって行く病気と考えられていたのです、1980年後半位からは、成人でのアトピー患者が出現し、現在では「ごく当たり前に発症する病気」として、アトピー性皮膚炎患者が急増しております。

成人型のアトピー性皮膚炎の治療は困難で、アトピー性皮膚炎自体の歴史はまだ浅く、原因不明の病気として多くの患者、医師を悩まされております。

とにかく早期の対応が、症状を軽くするということで、注目されているのです。


まずは無料相談をお勧めします♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。